韓国人女性ゴルファー達。韓国人ゴルファーが日本を離れたくない理由…韓国では言えない本音を暴露しました…[adsense]

韓国人ゴルファーが日本を離れたくない理由

賞金総額を4年連続で更新し、隆盛する日本女子ゴルフツアー牽引するのはイ・ボミやキム・ハヌルら韓国人選手です。彼女たちは日本女子ゴルフツアーに参戦して何を感じているのだろうか。それを探るべく、数多くの韓国人選手を取材してきた週刊パーゴルフ編集部のキム・ミョンウ記者が暴露しました。韓国の選手たちは日本食が好きな人が圧倒的に多いですね。寿司やラーメンも大好きですし、それこそ生活面で苦労しているのは言葉くらいでしょう。飛行機や新幹線の移動も時間ぴったりにくるのでとても良いと。その中でも韓国の選手たちが口を揃えて絶賛している日本のサービスがあります。ずばり宅急便です。地方に移動する際にゴルフバックを送るわけですが、時間指定ができるし、いつどこでも送れますよね。みんなもう素晴らしいって(笑)韓国では時間通りに荷物が届かないことがザラのようです。練習したい時に時間通りにクラブが届いているということは選手たちにも大きいことですから。つまり、困るのは言葉くらいということですね。

韓国人選手たちの日本語力はどのくらい?

長くやっているベテラン選手はほとんどペラペラです。アン・ソンジュ選手はすごく日本語がうまくて、日本語の冗談で記者たちを笑わせるくらいです。イ・ボミ選手も囲み取材で通訳無しでやっています。キム・ハヌル選手はまだ通訳が必要。彼女は「今度優勝した時のインタビューは日本でします」とも話していたので勉強しているのでしょうね。キム・ハヌル選手は韓国にいた頃、専任の講師から日本語を学んでいたそうです。今は韓国ツアーを離れたのでそうは出来ないようですが、マネージャーから教えてもらったり、毎週アマチュアの人とプレーする時に会話したりしているんです。みんな熱心に勉強していると思います。スポーツで成功するのに言葉はいらないという人もいますが、イ・ボミ選手は「その国の文化を学ぶことがプロフェッショナルだ」と話していました。その国に対してい失礼だというわけですね。それだけでなく、キム・ハヌル選手は日本語が話せないとプレー中の細かいシチュエーションのやり取りがキャディさんと出来ないのでやっぱり言葉を覚えたほうがスコアが良くなるとも言っていました。ちなみに、キム・ハヌル選手のキャディは去年まで韓国人でしたが、現在は日本人のようです。韓国人キャディだと持っているコースの情報が少ないようです。そのため、日本語を習得することはスコアアップにも繋がるようですね。[adsense]

韓国人選手は日本のゴルフツアーをどう思っているのか

共通点としてゴルフ環境の良さを一番に上げる選手が多いです。試合数や賞金が多いという部分だけでなく、ツアー自体が選手中心に動いているからだと思います。大会を主催するスポンサーが選手のパフォーマンスを上げられるようなトーナメント作りをしていくれているし、選手にとっての環境はアメリカ以上に良い!という人もいました。より具体的に言えば日本では試合の練習日にアプローチ練習場やパター練習場などが設置されていてトーナメント選手が集中して練習できる環境を整えてくれている。そこが韓国とは全く違っていて韓国の場合、練習日も一般のお客さんがいてサインすることもある。だから、日本でプレーすると落ち着いてゴルフに打ち込め、技術も上がるという選手が多いようです。また、日本ツアーの特徴は長く現役選手でいられるという意見も多い。日本では30代後半〜40代のシード選手がいます。しかし、韓国ツアーではまずありえないこと。1987年生まれのユン・チェヨンが話していましたが、自分より年上は5人くらいしかいないそうです。若い子がドンドン出てきて競争に勝ち抜けなくなりシードを落として2部や3部になると稼げないので辞めざるをえないわけです。現役を長く続けたい選手にとって日本のゴルフ環境はすごく魅力的に映るのです。

母国の会見で思わず日本語が・・・

イ・ボミ選手のインタビューでこのような出来事がありました。韓国ツアーには3年ぶりの登場だった。地元メディアが日本で大活躍するイ・ボミ選手を取り上げようと取材要請が殺到したという。もちろん韓国語でのインタビュー。ところが、質問に対して「やっぱり・・・」と日本語で答え始めたため、韓国メディアが目を丸くする一幕もあったと自らエピソードを明かした。ちなみに「やっぱり」は韓国語で「ヨクシ」といい、発音はさほど近くない。本人によればそれを日本語と気づいた取材陣の失笑に包まれたという。

韓国人選手が日本ツアーで荒稼ぎ

韓国選手が日本ツアーで荒稼ぎすることで悪影響もあります。1つは日本人には面白くなくゴルフ中継を見なくなってしまいます。2つ目はスポンサー離れです。国内ゴルフツアーは男女とも韓国選手が優勝ということも度々起こる。そして、男女とも日本選手は優勝争いに全く関係ないことも少なくない。国内で試合を開催して韓国選手にまるきり歯が立たず、高額賞金をいとも簡単にさらわれた格好です。そのため、スポンサー離れも起きていき、今の状況では日本のゴルフの発展には結びつかないと思われます。男子は今後もスポンサーが降りてしまう大会が出てくるとも言われています。そのため、ますますゴルフ中継を見なくなってしまうようです…

韓国人選手はどのくらい賞金を稼いでいるのか

女子ツアーの賞金ランクトップ3は韓国選手が占め、シード圏内(50位)に13選手います。その賞金を合計すると今期7試合を残して約6億5000万円。これは賞金総額7000万円大会の9.2試合分に相当し、今期女子ツアー賞金総額32億5000万円の2割を占めています。女子のプロゴルフはここ数年で韓国人プロと日本人のプロの実力が大きく離されてしまったようでツアーを開催しても意味がないから辞めたらどうか、という声がある程のようです。男子ツアーもシード圏内(75位)に韓国選手が17選手賞金合計は約4億2500万円日本企業が出したお金の11億円近くが韓国人選手の手に渡ったことになり、荒稼ぎされている現状です。韓国選手の金儲けのために日本のゴルフツアーは手を貸している実態となっている。これでは日本人はちっとも面白くなく、ゴルフ中継も見なくなるのも当然ですよね。

ネットでの反応

・日本と韓国の大きな違いの一つはどこの国出身の選手でもルールに元ついて公平な審判をすることだと思います。必要以上に反韓感情を煽る言動は日本人を相手のレベルに貶める様で、気持ちの良いものじゃないですね。 ・簡単に優勝できて金になるんだから日本って良いわなぁ! ・韓国人である限り、反日教の信者である事は間違いない。彼女らの本心はは関係ない、韓国に帰れば、そうでなくては生きていけない人達なんだから。ビジネスだから現行法では仕方ないが、早めの帰国をお願いします。
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 日本で就職した韓国人の約9割が涙の帰国…就職に失敗した悲痛の負け惜しみが話題に…