C・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体にタトゥーを入れない理由に賞賛の嵐…[adsense]世界で最も裕福で、最も美しく、最も強いと言われるクラブ、レアル・マドリードで活躍するC・ロナウド選手。ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られる『バロンドール賞』をこれまでに3度も受賞しており、サッカー界の中心で活躍し続けるスター選手です。その端正なそのルックスと強靭な肉体には多くの女性が魅了されていることでしょう。そんなC・ロナウドは同僚に「病気だよ」と言われるほどストイックだそうで常に最高のパフォーマンスを出さなければ気が済まないのだとか・・・また、女性関係のゴシップで取り沙汰されることも少なくないようで、かなり野性味の溢れる選手のようです。髪型もいつもきっちりしており、オシャレにも余念がないC・ロナウドですが、他の多くのサッカー選手のようにタトゥーは入れていないようです。そこにはある大きな理由がありました。

C・ロナウドがタトゥーを入れない理由

C・ロナウドは普段から慈善事業に熱心に取り組んでおり、
「誰にでもできることこそ率先してやらないといけない」
と積極的に献血に参加しています。とあるインタビューでタトゥーを入れない理由を話していました。
「ボクは献血に行くのでタトゥーは入れられない」
と答えています。多くの国では感染症を予防するためにタトゥーを入れた人は一定の期間は献血を行うことができません。ちなみに日本の場合、6カ月以内に入れ墨を入れた人は献血をしたくても断られてしまうようです。C・ロナウドは年に2回の献血を行っているそうで、そのためにタトゥーを入れていないというのです。同様に献血を行うためにタバコも吸っていないといいます。彼は15歳のとき頻拍症と診断され、レーザー手術を受けたのですが、「結果によっては2度とプレーできないかもしれない」と言われていたそう。献血を行うなどの慈善活動に勤しむ彼は自身の体験が影響しているのかもしれません。また、C・ロナウドの父親がアルコールが原因で52歳の若さで亡くなっているということもありお酒も飲まないのだそうです。さらに、C・ロナウドが行っているのは年に2回の献血だけではありませんでした。[adsense]

派手な剃り込みもある男の子のため

ある日、ピッチにいたのは髪の毛に剃りこみを入れたC・ロナウド。これはお洒落でそうしているわけではありませんでした。それは、生後10ヶ月のスペイン人の赤ちゃんエリック・オルティス・クルス君のため。彼は脳の手術を受けたばかりなのですが、その手術費用の6万ユーロ(約830万円)をロナウド選手が支払ったのです。C・ロナウドの頭のジグザグの剃り込みはエリック君の頭の手術跡を真似たものだったそう・・・また、C・ロナウドが人の手術費を負担したのはこれが初めてではなく、過去には脊髄腫瘍を患ったスペイン人の子供の手術費用を支払ったこともあるといいます。多くのサッカー選手がタトゥーを入れている中、一切いれないC・ロナウド。これは憧れだけでタトゥーを入れてしまう子供たちへの模範となるのではないでしょうか。さらに、酒も飲まず、タバコも吸わず、ベストなプレイを追い求めるその姿勢は多くの人に大きな影響を与えているのではないでしょうか。スーパスターと呼ばれる所以は何もプレイだけではありませんでした。これからも、彼のプレーから目が離せませんね!

ネットでの反応

・前から思ってたけどロナウドは人間の鏡だ!・パーフェクトフューマン過ぎる!・むしろ人々に夢を与えてるからな、ナルシストって決して悪いことでもないんだな
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 養護学校でサッカーしてるカズに「人気取りですか?」と質問…返答が素敵すぎる…