幼い娘に性的虐待を200回以上した父親…事件発覚の理由がヤバすぎる…[adsense]

200回以上も実の父親から性的虐待

実の娘に対して性的虐待を加えるとは信じられませんが、世の中では残念ながら少なくない事例です。この事件は台湾の台北市で実際に起きた事件です。とある父親が娘が小学五年生の頃から、性的暴行を加えるようになりました。その数なんと200回以上。およそ6年間の長期に及ぶものでした。我が子に対して口での行為を強要したり、胸などを揉んだりしていたのです。幼い娘は抵抗できず、父親に従うしかなかったのです。

事件が発覚した理由

この事件は被害者女性精神が壊れ、漂白剤を飲み、自殺を計ったことで発覚しました。娘さんが自殺未遂をしなければ事件は迷宮入りしていたかもしれません。父親はもちろん犯行を否認しましたが娘さんが父親の性器の特徴を事細かに説明できたため、有罪となりました。父親はなんと懲役499.5年というとんでもなく長い刑期を課せられました。強制的に性的虐待をした罪はとても重いと判断されての判決結果だったのです。[adsense]

減らない性的虐待

日本でも親の虐待事件はたくさんあります。2014年の厚生労働省の調査によると児童虐待の件数は年間8万8931件でなんと24年連続で最多を更新しているようです・・・都道府県別では
第1位:大阪 第2位:神奈川 第3位:東京
そして、世界の性的虐待行為は日本以上に深刻です。

性的虐待行為が多い国

アメリカ

アメリカでは生まれる赤ちゃんの10万人が18歳になるまで何かしらの性的虐待を経験するそうです。そして、Children Assessment Centre (CAC)によると、女性の4人に1人、男性の6人に1人が18歳になるまでに性的被害者になるんだとか・・・

イギリス

ある英紙の2000年の記事によるとイギリス人の4分の1、200人に1人以上が小児生愛者だそうです。さらにイギリスでは20人に1人の子供が性的虐待を経験しており、虐待を経験した90%の子供は顔見知りの人から虐待されています。

ジンバブエ

ジンバブでは子供のレイプ事件が増加傾向にあり、2009年のデータによると2009年までの4年間で3万人の女児がレイプによる治療を受けたそうです。しかし、実際の被害件数は2倍以上だと指摘する声もあります。

インド

インドは子供だけでなく、成人女性のレイプ件数の多さでも有名ですね。2001年から2011年までの10年間で約5万人の子供が被害者となり、子供のレイプ件数はなんと336%増加。

南アフリカ共和国

2009年の調査によると3分の1の子供がレイプされており、加害者の男性の62%がレイプは暴力ではないと回答!!さらに加害者男性の3分の1が女性もレイプを楽しんでいると回答!!抵抗できない子供に対して性的行為を強要することは断じて許されることではありません。

ネットでの反応

・懲役499年って、日本ではあり得ない。・このぐらい厳しい処罰が必要だ。・可哀想すぎる!・嫌な父親がいたもんだ。酷過ぎ!
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 中絶の後「命だったカケラ」が処理されるまで…命を授かるという事を改めて考えさせられる…