旦那デスノートが闇深すぎて怖い…投稿内容が松居一代レベルで恐ろしかった…[adsense]もしあなたが既婚男性だったとした場合、奥さんとは上手くやっているだろうか?最近、ネット上で旦那に死んでほしい人という願いを書くような「旦那デスノート」が世間をざわつかせているようです。

旦那デスノートとは

「旦那デスノート」は漫画「DEATH NOTE」に登場する名前を書かれた人が死ぬ「デスノート」の設定を模した投稿サイト。サイトのURL→ http://danna-shine.comわかりやすく言うと旦那へ死んで欲しいという願いを書くもの。殺意すら感じられるそれらの内容がネット上で注目の的になり、同サイトは一時閲覧できない状態になっていました。このサイトは誰でも投稿できるようですが、サイトの定義としては「30代の主婦」と言うことになっている。[adsense]

主な投稿例

さらに、旦那デスノート調べてみたら関連キーワードが・・・

旦那を早死させる10か条

1.夫を太らせる

過剰な体重の増加は糖尿病、肝臓や腎臓病、脳卒中や心臓発作に屈するチャンスを増加させます。25Kg太らせたら、10年は寿命は縮むそうです。

2.運動させずに座らせておく

夫をいつも座らせておきましょう。散歩に行こう等と言い出したら、楽しみにしているテレビがもうじき始まりますよと注意してあげなさい。座りっぱなしで、身体を動かさない生活を「セデンタリー・ライフスタイル」という。WHO(世界保健機構)によると、セデンタリー・ライフスタイルはタバコ、不健康な食事、アルコールの飲みすぎと並んでガン、糖尿病、心血管障害、慢性呼吸器系疾患を引き起こす原因となり、年間およそ200万人の死亡原因になっている。

3.飽和脂肪の多い食事を摂らせましょう

脂肉、天然のバターなどにはコレステロールなどが多量に含まれこれらが動脈硬化の原因となり、早死の引き金となることはとうにご存じのことと思います。またこれらの食品は高カロリーである脂肪が多いので肥満の原因となります。

4.塩分の多い食べ物に慣れさせましょう

食事の味付けはできるだけ濃くして、それに慣れさせなさい。こうすれば、確実に血圧も上がります。血圧が高くなったら塩分をより多くして、血圧をもっと上げてやればよいのです。

5 コーヒーは、がぶがぶ飲ませましょう

コーヒーを出すとき、砂糖と濃い目のミルクをたっぷり入れ、毎日、3度も4度も砂糖入りコーヒーを飲んでいれば、糖分は確実に血糖値をあげてくれるでしょう。

6.酒をどんどんすすめましょう

お酒は少量なら薬になっても、たっぷり飲ませれば身体にとっては毒になります。太らせるだけじゃ不安なら、お酒をしこたま飲ませなさい。強めのお酒をしっかり用意しておき、旦那が飲み干したら、何度でもグラスを満たしてあげましょう。チーズやサラミなど栄養たっぷりのおつまみもしこたまだすこともお忘れなく。

7.タパコもすすめましょう

簡単で、これほど効果確実なものはありません。未亡人希望者のあなたにとって、旦那のタバコは最良の味方です。タバコを吸う人は吸わない人に比べると、肺がんで死亡してくれる確率が50倍にもなります。まして、ヘビースモーカーなら確実に効果があります。

8.休暇があっても旅行にいかせてはいけません

休暇旅行に行かせずに、ストレスをいつもためさせ、イライラさせ、精神的に追い込むと病気になったり事故を起こしたりしやすくなります。

9.夜更かしをさせ、朝は早く起こしましょう

深夜番組を見たり頻繁にお客を招いたり訪問したりすると夫はくたくたに疲れます。疲労と睡眠不足は夫を早くあの世へ送ることになるようです。

10.始終文句を言っていじめましょう

これには、お金と子どもの文句が一番良い。給料が少ないとか稼ぎが悪いとか言われてもサラリーマンには限度があり、どうにもなりません。また、子どもの出来が悪いとか頭が悪いのはあんたに似たからだなどと言われると血圧やストレスもあがるし、イライラは最高潮となるでしょう。これは1種のアメリカンジョークでこれの逆の生活をすれば「長生きできますよ」というのが、この10か条の本当の意図です。旦那デスノートが話題となっていますが、自分が選んで一緒になった相手を殺したいほど憎むというのはやるせない気持ちになりますね。

ネットでの反応

・旦那デスノート、あっていいと思うけどね。溜めて溜めてほんとに殺すより愚痴ってスッキリして他の投稿見て共感して満足できるならそっちのがいいよ。女は共感してほしい生き物って言うし。・旦那デスノートが人気なんだってさ「人の不幸は蜜の味」って言うからね・旦那がATMになってくれなくてブチ切れた人が書き込んでるんだろうなあ…
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 葬儀社の車に社名がない理由…そんなことされてたのか…