毒もなくゴキブリ、ネズミを食う最強のクモ…人に有益しかない益虫だった…[adsense]

害虫やゴキブリを食べてくれるアシダカグモ

[embed]https://twitter.com/nekonekorrr098/status/893041219223277568[/embed]引用:https://twitter.com/nekonekorrr098/status/893041219223277568[embed]https://twitter.com/0607Akyu/status/893752655234781184[/embed]引用:https://twitter.com/0607Akyu/status/893752655234781184[embed]https://twitter.com/BlackfinSlyt/status/893842532039184385[/embed]引用:https://twitter.com/BlackfinSlyt/status/893842532039184385[embed]https://twitter.com/SOC00v3XwQd2ctZ/status/893780292846010368[/embed]引用:https://twitter.com/SOC00v3XwQd2ctZ/status/893780292846010368[embed]https://twitter.com/memama78/status/894079399821156352[/embed]引用:https://twitter.com/memama78/status/894079399821156352[adsense]

アシダカグモの生態

クモの生活は網をはってそれに餌がかかるのを待つものと自分で歩きまわって餌を捕まえるものの2つに分けられます。これを造網性(ぞうもうせい)、そして徘徊性(はいかいせい)という。アシダカグモは網を張って餌を捕まえるんじゃなく、自分の足で歩きまわって餌を取る徘徊性(はいかいせい)のクモ。日本の徘徊性のクモの中では一番大きいそうです。だから家のあちこちで見掛けます。主に温暖な温かい地域に生息しており、日本だけじゃなくて世界中に生息しています。元々は外国のクモでしたが人間が貿易をする時の荷物の中にまぎれこんで入り込んだようです。アシダカグモの子グモは体が小さいので捕まえる餌も小さい。タマバエ・ユスリカ・ショウジョウバエなんかを捕まえて食べます。子グモは歩きまわって捕まえるんじゃなくて、じっとして近づいたものを捕まえる。アシダカグモは捕まえた餌を糸でぐるぐる巻にはしません。子グモはゴキブリの幼虫を好んで食べるようです。どっちも夜行性で生活の場所も一緒だからと言われています。また、アシダカグモの寿命は5年~7年ぐらいです。アシダカグモは寿命の長いクモで平均して雌(メス)が約7年、雄(オス)が約5年。人間と一緒でメス(女性)が長生きします。クモと聞いただけで嫌な顔をしたり、気味悪い・恐いという人が多いですが、アシダカグモは益虫なので殺さないであげてください。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 海で青い袋のようなモノが落ちていたら触ってはいけない理由…どう見ても袋にしか見えない…