未だに駅や公共施設などの公衆トイレで見かけることのある和式トイレ。
これだけ洋式トイレが普及しているにもかかわらず、
なぜ和式トイレは無くならないのでしょうか?

今回は和式トイレが無くならない理由を紹介します。


和式トイレの歴史

かつては日本のトイレ市場を席巻していた和式便器も
戦後爆発的に広まった洋式便器の前に激減し、
1977年には洋式便器の販売数が和式便器の販売数を超え、
今では一般家庭のトイレはほとんどが洋式便器になっています。

しかし、駅やデパートなどの多くの人が使うトイレには
1つは和式便器が残っているところも多くあります。

幼稚園や保育園では約8割が洋式トイレに移行していますが、
小学校では5割程度にとどまっています。

また、2016年、文部科学省が行った調査では
公立小中学校のトイレの6割が和式便器だと言います。

トイレの行列をたどると和式が空いているにも関わらず、
洋式の空き待ちの列だったりと和式トイレは近年敬遠され、
洋式支持派が圧倒的に多いように思えます。

ところが自宅は洋式でも外出時には和式を選ぶという人もいますので
和式が全く支持されていないわけではないようです。

和式トイレがなくならない理由

日本人の多くは洋式便器を望んでいると思われるのに
なぜ和式便器がなくならないのか。

それには理由があります。

まず第一に和式便器は価格が安いというのが理由です。
さらに単純な構造なので清掃も容易で
洗浄に要する水の量も洋式便器より少なく、節水にもなります。

また、和式トイレといえば古い、臭い、汚い、暗いなど
あまり良いイメージが浮かびませんが良い点もあります。

まずお尻や脚が便器に直接触れなくて良いこと。
洋式トイレでは直接便器に触れるのでためらうという声はよく聞かれます。

和式であれば少しくらい汚くてもどこにも触れないようにして
用を足すことが可能です。

トイレによっては使い捨ての便座シートや
消毒スプレーが設置されていることもありますが、
全体の割合からみれば少なく、
和式存続を熱望する声に繋がっているようです。

なので少数派とはいえ和式を使いたい人がいることから
公衆トイレや公共施設などでは全てを洋式に替えてしまわず
あえて和式も残しておくことがあるといいます。

また、和式の利点として
排便時に下腹部に力を入れやすく排便しやすいという声や
しゃがんだ姿勢が足腰を強くしてきたという説もあります。

和式トイレで育ってきた世代は慣れ親しんだ和式の方が
落ち着いて用を足すことができるかもしれません。

ただ、その一方で和式便器にしゃがみこむ姿勢は
下半身に大きな負担をかけるため、
肉体的な理由などから使用が難しい人もいます。

特に高齢者の中には洋式でないと用を足せないという人も多くいるそうです。

また、近年の家庭のトイレ環境はほぼ洋式のため、
小さな子供の中には和式便器を使ったことがないという子もいて
そうした子たちが小学校で初めて和式便器に出会い、

「このやり方であっているのかな。。。?」

と疑問に思いながら使っているというケースもあるようです。

洋式トイレが増えることを望む声は多く、
東京都では公立の小・中学校や公共施設の和式トイレを
洋式にする予算をつけたそうで
今後ますます小・中学校の和式トイレは減少している流れのようです。

2020年には東京オリンピックを控えており、
公共施設のトイレ事情は対外的にも重要なものと見られることでしょう。

トイレ先進国としての今後の動向が気になりますが、
あなたは和式、洋式どっち派ですか?

ネットでの反応

・男は黙ってボットン

・和式に腰掛けてやる人もいるんだろうなあ

・洋式3こ和式1っ子とかの割合ならいいのに

・女の子が使うのを見るなら和式の方が興奮する。

・和式トイレがなくなったら、潔癖症の人は困る。
便秘の人は和式トイレを使うと良いと健康番組でもやってました。

あなたにオススメの記事

⇒ ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性…勘違いしている人が続出…