[adsense]

鳥人間コンテストの事故で障害者になった女性

2007年7月29日、読売テレビ主催の『第31回鳥人間コンテスト』に出場した川畑明菜さんは人力飛行機で滑走中に左主翼が折れ曲がり約10メートルの高さから落下。その衝撃が原因で脳脊髄液減少症という後遺症を患うことになりました。脳脊髄液減少症とは脳脊髄液が漏れてしまうことが原因で頭痛やめまいや耳鳴りなどの症状が起こる疾患。川畑さんの場合は日常生活もままならないほどで地獄のような6年間を過ごしてきたそうです。そんな彼女が2013年4月、読売テレビと当時籍を置いていた九州工業大学、人力飛行機を制作したサークルの顧問、リーダーや設計責任者や政策責任者などの幹部学生らを相手取り、4305万8800円の支払いを求める裁判を起こしました。第一回口頭弁論は6月14日に行われた。彼女が出場した『鳥人間コンテスト』は読売テレビが1977年から始めたもので人力飛行機の滞空時間や飛行距離を競う大会。川畑さんは九州工業大学のサークル『KITCUTS』の操縦士として参加。人力飛行機の製作は約1年前から準備されていたが、彼女は操縦士として1日40~80キロを自転車で走るなどの別メニューをこなしていたという。
「今考えれば、とても人を乗せて飛ばせる機体ではなかったのでしょう。大会に間に合わせるために十分な飛行試験も行われず、荷重試験もできていませんでしたから……。事故直後は『あっ、飛んだのかな』と思った瞬間、機体から放り出されました。湖面に落ちたとき、全身に激痛が走ったのを覚えています」
救助隊に助けられた川畑さんはメディカルチェックを受けたが、外傷もなかったため福岡県へ帰された。だが翌日から急激なめまいに襲われ、歩くこともままならない。症状は次第に悪化し、ついには寝たきりのような状態に。同年10月、脳脊髄液減少症の診断を受け入院。だがこの疾患はまだ解明されていないことも多く、治療は困難を極めたそうです。
「トイレに行くのも精一杯。間に合わなくて泣いてしまうこともありました……。退院後も症状は改善せず、車椅子や松葉杖での通院生活が続きました。いつもなら10分ほどしかかからなかった通学も1時間近くかかりました。校内で倒れたこともありました。何とか大学は卒業できたものの、大学院に進むために貯めていた200万円は治療のためあっという間になくなってしまいました……」
東京に来たころは1日に4時間ほどしか動けなかったという川畑さんだが、現在は治療の効果が現れ、1日8時間ほど動けるようになってきたという。そこで彼女は
「前を向いて生きていくために事故のことをはっきりさせたい」
と思い、提訴に踏み切ったと語っています。彼女の言い分だけを聞くと提訴も致し方ないことなのかと思ってしまいますが、後日判明した事実に批判が殺到しました。[adsense]

まさにサイコパスだと話題に

大学時代鳥人間コンテストに搭乗員として出場↓グラム単位で設計され、仲間が2年掛かりで作った機体に乗ることに↓【本番3日前】にダイエットの失敗から8kgオーバーであることを告白↓当然、機体修正は間に合わず↓案の定、本番で、主翼が体重を持ち上げきれず、速度がついた時点で主翼折損↓そのまま機体が傾き5mの高さから湖面に落ちる↓インタビューではピンピン元気↓自分の体重オーバーで大学の仲間たちの夢は露と消え、同時に自分の取り組みが甘かったことで仲間と確執が生じる↓約5年後、欠陥機に乗ったことで後遺症が残ったとして主催の日本テレビと機体を作った大学の仲間、顧問、大学を相手に4350万円の支払いを求め提訴↓「3日前にちゃんと8kg太ったって言ったから責任は製作側にある!謝罪と賠償を要求しまぁす!」↓自分の取り組みが甘く8kgもの【体重オーバーを3日前まで隠していた】ことについて、ブログで「凄まじいトレーニングでたった4週間で【筋肉だけが8kg増加】した」「トレーニングは宇宙飛行士も使わせて欲しいと言ってきた研究段階のもの」「自宅の体重計が壊れていたけど面倒で買い換えなかった」などと釈明↓動けないほどの後遺症のはずが、Twitterやブログから1人で上京し、スナックホステスの傍らこの顔でコスプレをしてみたりカラオケを楽しんでいることが判明よく「歌手にならないか?」と言われる↓Twitterでは、【よくナンパされる】やら、【写真撮らせて欲しい】と言われるやら、【結婚して欲しい】と言われるやら、ま~ん(笑)アピールを全開……↓国立大の中でも最低の最低とされる九州工業大(拓大亜細亜大レベル)でありながら、Twitterではあたかも自分は東大と同じレベルの大学を出た、学んできた、のように言い張る↓社会人経験0なのに経営のコンサルタントを名乗っている↓その一方就職が出来なくて困っている↓「もう死ぬ」「自殺する」とつぶやきまくるが現在に至る
読売テレビ側は
「今回、提訴がなされたことは誠に遺憾です。大会開催に関して、当社は安全性を最優先に行なっており、問題はなかったと考えています」
というコメントをしています。また、九州工業大学は
「大学としては課外クラブ活動は生徒の自主性を重んじるべきだと考えてきたので顧問が付きっきりというわけではありませんでした。しかしそれは他の大学と照らし合わせてもごく一般的な形と思います。責任の所在、今後については裁判で明らかにしていくためコメントできません」
とコメントしています。

ネットでの反応

・どうでもいいけど九工大ってそんなあほじゃない気がする・約五年後←は?・工業大だし女ってだけでちやほやされて調子に乗ったブスそのまま物言わぬ豚肉になってりゃよかったのにってみんな思ってるよ・鳥(頭)人間コンテストですねわかります・人間性に後遺症が出たんだぞ
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 月曜から夜ふかしに批判殺到…一般人の家庭を崩壊寸前まで追い込んでしまう…