[adsense]

女子中学生5人が手を繋いで飛び降り自殺

ゴールデンウイーク明けの2016年5月9日、東急大井町線荏原町駅で13歳の女子中学生2人が手を繋いで急行電車に飛び込み死亡した事件は多くの人に衝撃を与えました。女子中学生のカバンの中からは「人間関係に悩みがある。死にたい」などと書かれた遺書と見られる手書きのメモが見つかっています。どちらかの生徒が人間関係に悩み、もう一人の生徒が共感して自殺に至ったものとみられています。この事件では54人の女子高生が新宿駅で手を繋いで飛び込み自殺をするシーンから始まる2002年公開の映画「自殺サークル」を思い出した方もいるようです。通常の神経なら飛び降り自殺など怖くてとても実行に移せません。しかし、過去には複数例、少女が高所から飛び降り、または電車への飛び込みで自殺を図った実例があり、その中でも日本至上最悪と言われている飛び降り自殺があります。1992年12月31日に茨城県の水戸市マンション屋上から女子中学生5人が集団飛び降り自殺を図りました。現場は水戸市白梅にある菊水マンション。7~8階の階段踊り場から、飛び降り、5人中3人が死亡、2人は重体で発見されました。[adsense]

日本至上最悪の事件の内容が衝撃的だった…

普段から仲が良かった彼女らはこの日も揃ってマンション宅で遊んでいました。しかし、ここで衝撃の事実が判明しました。この5人はシンナー中毒者だったのです。かなり重症でその日は特に錯乱状態だったと言います。仲間でシンナーを吸引していて、一人が
「フワフワする」「気持ちいい」「私は空を飛べる」
と言い、テンションがハイになりきった彼女らはマンションの屋上から身を投げてしまいます。シンナーの幻覚で自殺という自覚は恐らく無かったのでしょうが、生還した2人は事の重大さに気付き反省したことでしょう。生存した少女の話では飛び降りた人の姿が見えなくなり、怖くなり踏みとどまったそうです。幻覚症状とは恐ろしいもので生存した少女も結局は飛び降りたとの体験談でした。危険薬物による事故の一つですが、他の人が巻き込まれなかったことは不幸中の幸いです。日本での年齢別死因では20代、30代ともに自殺がトップですそれが子どもたちにも影響を与えているのかもしれません。薬物は論外ですが、人間関係の破綻や日常生活に意義を見出せなくなった若者は自殺という選択肢を選んでしまうのかもしれませんね。引用:http://tocana.jp/2016/05/post_9704_entry.html

ネットでの反応

・シンナーの幻覚だな!空を飛んだんだ・薬物は恐ろしい・シンナー遊びするのは現実逃避!・面白半分が取り返しのつかないことに!
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ イジメで自殺した16歳の娘の最期を父親がSNSで公開…父親の想いが辛すぎる…