[adsense]

避難所での女性の性被害の実態

熊本県警によると熊本地震では避難所やその周辺で女児がつきまとわれたり、わいせつな動画を見せられたりする事案が地震があった2016年度だけで約10件ありました。しかし、今回のような県外の避難先なども含めた被害の実態は分かっていないそうです。理由として被害を届け出ないケースも多いとみられ、今回の少女の申告も被害から約1年後だった。熊本市男女共同参画センター「はあもにい」は避難所では困っている女性や子どもを狙った性暴力やDVが増加する傾向にあるとして、チラシを作成して注意を呼びかけています。避難者の立場は弱く、自分さえ我慢すればいいと思う人もいると指摘。熊本市男女共同参画センターのチラシには阪神淡路大震災や東日本大震災での性被害として
「更衣室をダンボールで作ったところ上からのぞかれた」「避難所で成人男性からキスしてと言われた。トイレまでついてくる」「夜になると男の人が毛布に入ってくる」「男子が同じ避難所にいる男性にわいせつな行為をされた」
などの事例があげられています。そのため、
「災害時に性被害リスクが高まるとの意識を平時から社会全体で高める必要がある」
と話しています。避難先での被害申告はトラブルメーカー扱いされることもあって言い出しづらく、表に出ない被害が多いそうです。相談しやすい環境作りが重要ですね。引用:https://mainichi.jp/articles/20180417/k00/00e/040/194000c

ネットでの反応

・女性の身の安全が普段どれだけ保障されているのかがよくわかるな非日常においてはこんなにも弱い存在だ女性はもっと男性に感謝すべきだ・熊本は日本じゃない・・・・と今思った・地獄絵図だな。・さっさと避難所から出て親族の家やホテルに行ったりマンスリーマンションを借りるなどがよさそうだな。
[adsense]

関連記事

⇒ 敵だらけの自衛隊を救う天皇陛下の一言…日本人が知らない天皇陛下の真実が話題に…