彼女と夜行バスに乗った。消灯直後
→彼女「もう無理。痛いよ・・・」彼女の方を見ると・・・




彼女と夜行バスに乗っていた時の事
俺たちは最後の停留所で乗ったので直ぐに消灯になった

すると電気が消えてすぐに彼女が

「痛いよ、痛いよ・・・」

と涙をこらえる声がした
彼女の方を見みると・・・

「どうしたの?」

と聞くと、前の人の席が膝に当たって痛いよ・・・と

確かに物凄く座席が倒れてるなと思って一言声をかけようとしたら、
俺の方も座席を倒されて膝に痛みが走った

俺の前の席の人も容赦なく座席を倒してきた
小声ですみません、すみませんと声をかけるが無視された

そこから20分くらいしてトイレ休憩があったが

前の二人は座席を戻さずにトイレに行きやがった

その時に見たが、俺達より年上のチャラい大学生みたいな二人組だった

俺も彼女も身動きがとれなくて

叫ぶようにして乗務員を読んで助けてもらった

彼女の膝は20分の間にかなり変色してしまっていた

乗務員の方にリクライニングは後ろに

迷惑がかからないようにと注意をして貰い

俺たちも痛いのでやめてください、お願いしますと頭を下げた

二人共「ふーん、で?」という態度

そして再びバスが出発して消灯した瞬間、先程より酷い痛みが膝にきた
背もたれを力ずくでぎゅうぎゅうに倒されていた

俺は座席を蹴り返し、身をよじって座席から抜け出した時、彼女は耐えかねて

「痛い!痛い!やめて!助けて!やめて!誰か助けて!」

と叫んでしまい、バスの中騒然

バスの明かりがついた時、彼女の前の席の奴が
さらに前の座席を足で蹴って背もたれを力ずくで倒している姿が明るみになった

乗務員によって俺たちは補助席にうつされたが、
俺達の前に座ってた二人組は

「よっしゃ、これでもっと倒せる」

「お前毎回よくやるなー」

とハイタッチをしていて神経を疑った

乗務員も聞いていたが、
この場合、予約席に不満のある俺たちの責任になるらしく、
降りるか我慢するかの二択しかないと言われた。

信じられませんね・・・。
運転手さんも気を利かせてくれたらよかったのでは?!と思ってしまいます。

バスといえば友達から聞いたこちらもバスで起こった泣ける話。

ママさんが、どうしても外せない用事があって
生後2ヶ月の子と一緒にバスに乗りました。

バスで目的地まで30分ぐらい。

天気は雨で、子供を抱いて歩いてくには可哀想かな?と思い、
泣いちゃったら降りて歩こと考えてバスに乗りました。

バスにはおばあちゃんと若いヤンキーぽいお兄ちゃん、
綺麗なお姉さんが乗っていました。

途中で子供がやはり泣いてしまって、
立ってあやしていたが泣き止みません。

まわりの視線も気になりいてもたってもいられず降車ボタンを押しました。

外は大雨なので折畳み傘を準備して、
息子に帽子をかぶせ、バス亭につきお金を出して降りようとしたその時、
後ろの方に乗っていた若いヤンキーのお兄ちゃんが
大声で運転手さんに「待てよ!」と叫けんだのです。

何かあったのかなと思ったけどそのまま降りようとしていると、
そのヤンキーのお兄ちゃんが

「お母さん、本当はどこで降りたかったの?
赤ちゃんが泣いちゃって泣き止まないから仕方なく、
迷惑かけないように、ここで降りようとしているんでしょ?」

と話しかけてきたのです。

私は涙がこぼれそうになりながら

「〇〇まで行きたかったんです。
でも泣いちゃってみんなに迷惑かけちゃうから大丈夫です」

とできるだけ笑顔で返しました。

するとそのお兄ちゃんが乗客みんなに大きな声で・・・

「みなさん、このお母さん本当は〇〇まで行きたかったんです。
でも赤ちゃんが泣いちゃって迷惑かけると思って、
こんな大雨なのに降りて歩こうとしてるんです。

赤ちゃんが泣いちゃうのは当然のことだし、お母さんも悪くないです。
だから!だから! 赤ちゃん泣いちゃってるけどお母さん頑張ってる!
皆さん暖かい心でこのお母さんと赤ちゃん乗せてやりませんか?」

と言ってくれたのです。

私はその言葉を聞いて、
目からは大粒の涙がボロボロと流れ出しました。

そしてその瞬間、バスの車内に拍手の音が響きました。

乗っていた綺麗なお姉さんが

「お母さん気にしないでここに座って、
いつも周りを気にしなくちゃいけなくて大変よね。
でも大丈夫よ、みんなお母さんの大変さわかってるから、
赤ちゃん泣いてるのなんて私達には癒しなのよ」

と言ってくれました。

何度も何度も、ありがとうございます!ありがとうございます!

と頭を下げました。

その若いお兄ちゃんにはお兄さんがいて、
そのお兄さんの所に3ヶ月の赤ちゃんいるので
毎日毎日大変なお兄さんのお嫁さんを見ていたらしいです。

目的地のバス亭につき、お礼を言い降りようとした所、
乗っていたおばあちゃんが・・・

「頑張ってね!お母さん。今は大変かも知れないけど、
子供は必ず大きくなったらそのぶん
お母さん思いの子になって恩返ししてくれるよ!応援してるからめげないでね!」

と肩を撫ぜてくれたのです。

私はいつも子供が泣いてしなった時は歩いていくか、
タクシーを使っていました。

こんなにも暖かい人達に出会えたことに感謝しています。

あなたにオススメの記事

⇒ 【女性なら納得】次女誕生の瞬間、妻から異臭が…長女「ママくさーいwww」妻「だから来ないでっていったのに・・・」