[adsense]「芸能界カスタマーセンター 耳が痛いテレビ」の中でお笑い芸人のいとうあさこさんが視聴者からのクレームに対して見事な回答で注目と賞賛を集めました。この番組のコンセプトは視聴者が普段テレビを見ていて感じる「不満」や「疑問」などを芸能人との電話で直接ぶつけるというもの。

「女芸人が下品。子供がマネしたらどうするの?」

そしてこの日、同番組内に寄せられた47歳の主婦からのクレームがこちら。
「女芸人の言葉遣いや振る舞いは下品だと思う。子どもたちがマネしたら困る」
この視聴者からのクレームに対して、いとうさんはどんな回答をしたのでしょうか。[adsense]

いとうあさこが放った言葉に共感する

この視聴者の意見としては常日頃から女芸人の言動に疑問を感じていたようで、「小さい子供がマネしたらどうしよう」と困っている親も多いということを伝えた上で、「芸人さんとして仕事なのは分かるんですけどね、女性なのにあそこまでやらないとダメなんでしょうかね?」と厳しい口調で尋ねました。これに対し、いとうあさこさんは
「あそこまでやらないとダメというよりは好んでやっております」
と丁寧な対応を見せました。しかしクレームはまだ続きます。
「あさこさん、お嬢様ですよね?普通に行ってれば良い所にお嫁さんに行って優雅な生活を送ってると思うのに、『ババア』とか呼ばれていていいんですかね?」
詰め寄る視聴者、しかしその一方でいとうさんはまたしても開き直った回答を返します。
「”ババア”は愛情を感じていて好き、それにババアですから」
そして個人的な見解だと前置きをした上で、いとうさんが名回答を見せたのです。
「個人的見解を申し上げますと、洋服着てても下品な女はいっぱいいると思うんですよ。おっぱい出してるから下品とか、言葉使いが下品とか、そういうことではなく、もっと内側からににじみ出るものが”品”だと思います」
このいとうさんの回答にはスタジオ内にいた女芸人から多くの共感の声と拍手が送られました。そして、最後にいとうさんはこんな言葉でこの件について締めくくりました。
「マネしても『良い』と『悪い』は判断できる子に育つと思うんですよ。親子のコミュニケーションがしっかりしていれば、下品な子に育つわけではございません」
そして最後に長嶋一茂さんが
「笑いが少ない時代に女の芸人の方々がしていることはとても大切なことだと思う」
と述べていとうさんを擁護。それに対し
「たしかにわたしも、『ひょうきん族』とか観るの毎週楽しみだったので。面白くてわたしも笑っちゃうし、あはは」
と視聴者の女性も納得したような反応で締めくくられたのでした。何事もそこに信念を持っていれば他人にとやかく言われてもぶれないもの。いとうさんの言葉からはそんな事を感じる事が出来ます。老若男女問わず、幅広い世代から好感度が高い事にも頷けますね。なんだか見ていて気持ちが良い、女芸人のいとうあさこさんの名回答でした。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 高須クリニックの高須院長がレーシック手術を受けない理由…ぐうの音も出ない程正論だった…