[adsense]

ウォーキングがもたらす驚異的な身体の変化

最近ずっと座りっぱなしという人はいませんか?たまの休みに思いっきりスポーツをするという人もいるかもしれません。しかし座りっぱなしも激しい運動も体に多くの負荷がかかり、あまり良くないとされています。逆に、人間が自然に行っている歩くという行為は非常に多くの健康効果が期待できます。今回は歩いた時に得られる健康効果を歩く長さに分けて5つご紹介します。

1分から5分

ドアを開けて最初の一歩を踏み出すその瞬間から歩くために身体を温めようとします。歩き始めるとあなたの心拍数は毎分70から100上がり、血液のめぐりが良くなることで身体がすっと動くようになるでしょう。たった5分間ですが、それだけでうつ病になるリスクを減らし、毎分3〜4キロカロリーを消費し始めます。

6分から10分

この時点で体は毎分5〜6キロカロリーを燃焼し始めます。血液の循環が良くなり、運動中の筋肉にたくさんの酸素が送られるようになります。歩いていくにつれてもっと長く運動できるように心臓や血管が血圧を調整してくれるのです。ちなみに認知症や心臓病などのリスクを下げる効果が出始めるのもこれくらいです。[adsense]

10分から20分

10分から20分歩き続けるとさらに体温が上がり始め、血行が良くなり、温まって来て汗をかき始めます。さらに呼吸が深くなり、毎分7キロカロリーを燃焼するようになります。そして、動脈硬化や骨粗しょう症になるリスクを軽減します。

21分から45分

21分から45分歩くと脳が天然の鎮痛成分であるエンドルフィンを放出するのでストレスから開放され、どんどんリラックスしていきます。この段階になると燃焼されるエネルギーがもっと増え、血液中のインスリンの値が大幅に低下していくことで糖尿病のリスクを軽減させます。体重を減らしたい人やモヤモヤした気持ちを抱えている人、最近甘たるいだけのジュースばかり飲んでいる人はこのくらい長く歩くのがオススメです。

45分から60分

ここまで歩くと体がジンジンと温まっていることを体感できます。血流がさらに良くなり、脂肪の燃焼が進み、酸素が体内に行き渡るようになります。それだけでなく、不要な脂肪が落ちて、免疫力も高まります。太陽の下で歩けばビタミンDも生成されてとても爽快な気分になることでしょう。これらの効果によって抗うつ剤と同じくらいの効果が得られることもわかっています。スポーツというのは度を超えて打ち込むと寿命を縮めることにつながります。健康的になるという目的であればただ歩くだけでいいのです。毎日の日課に取り入れてみると、とてもいい気分で一日を終えることができるでしょう。是非、スポーツが苦手という人もウォーキングをすることから健康を見直してみてはいかがでしょうか?[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ この症状はうつ病の危険なサインかも…うつ病を疑うべき症状とは…