[adsense]

15歳で体重が320kgになった息子

生まれた時の体重が5500グラム(5.5キログラム)だったヤコブ・ミラーくん。それでも未熟児として生まれたといいます。生まれてからも体重は増え続け、1歳を迎える頃の体重24キログラムになっていたとか・・・そして15歳になったヤコブくん。体重はなんと320キログラム。ヤコブくんの肥満は先天性のホルモン異常によるものです。しかしこれには根本的な治療法はありません。肥満によってヤコブくんの内臓には大きな負担がかかっていました。肝臓は肥大し、心臓や血管などの循環器系はもちろん、糖尿病にもなっています。

恐怖を感じた両親が下した決断

このままでは息子の身体が危ないと感じた両親は胃のほとんどを切除し、玉子のサイズにする手術を決断しました。手術は3時間半に及びましたが、無事成功。しかしそれで終わりではありません。ヤコブくんは食生活を大きく変え、スポーツにも取り組むダイエット生活を続けました。手術後の3ヶ月で約68キログラムのダイエットに成功。体重の約5分の1を落としました。痩せたヤコブくんはさらに人気者に。学校のダンスパーティーではこのリア充ぶりです。手術だけでなく、ダイエットにも取り組んで努力してるんですね!ヤコブくんが大人になる頃にはシュッとしたイケメンになってるかもしれません。

ネットでの反応

・切る前の胃のサイズはどれくらいだったんだ!?・リア充しててワロタ・・・ワロタ・・・・この調子で筋トレしてたら今頃ムキムキになってたりして・元々人気者なんだろうな
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 世界で60例しかない顔面奇形で生まれた6歳男児の母親が伝えたいこと…