[adsense]

民謡「線路は続くよどこまでも」

子供の頃「線路は続くよどこまでも」という歌を聞いた覚えはありませんか?歌詞を見たら思い出すかもしれません。

1番の歌詞

線路はつづくよ どこまでも野をこえ 山こえ 谷こえてはるかな町まで ぼくたちのたのしい旅の夢 つないでる

2番の歌詞

線路はうたうよ いつまでも列車のひびきを 追いかけてリズムにあわせて ぼくたちもたのしい旅の歌 うたおうよランラ ランラ ランラランラ ランラ ランラランラ ランラ ランララン ラン ランランラ ランラ ランラランラ ランラ ランラランラ ランラ ランララン※1番から繰り返し
実はこちらの歌詞日本語で書かれていますが、元々歌詞は英語でアメリカの民謡だったのです。それが日本に伝わり日本語の歌詞ができた後に日本語版が普及しました。しかし、英語の歌詞の意味と日本語の歌詞の意味は全然違ったものだったのです。[adsense]

民謡「線路は続くよどこまでも」の歌詞の本当の意味

この曲は元々労働歌だったんです。1995年に日本で「線路の仕事」の題名で紹介されたときの歌詞がこちら。
線路の仕事は いつまでも線路の仕事は はてがない汽笛のひびきがなりわたれば親方はさけぶ 吹き鳴らせつらい仕事でも しまいにはつらい仕事でも 果てが来る汽笛のひびきがなりわたればつるはしをおいて 息絶える
その後、あらためて『線路はつづくよどこまでも』として紹介されたそうです。ちなみに更に意味深な見解もできてしまうのです。原曲は1863年から始まった大陸横断鉄道建設に携わったアイルランド系の工夫達によって歌われ始めたもので線路工夫の過酷な労働を歌った民謡・労働歌の一つである。原曲の歌詞とその和訳をご覧ください。

アメリカ元曲の原詩

I’ve Been Working on the Railroad俺は線路で働いている(邦題:鉄道稼業)I’ve been working on the railroadAll the livelong dayI’ve been working on the railroadJust to pass the time awayCan’t you hear the whistle blowingRise up so early in the mornCan’t you hear the captain shoutingDinah, blow your hornDinah, won’t you blowDinah, won’t you blowDinah, won’t you blow your ho-o-ornDinah, won’t you blowDinah, won’t you blowDinah, won’t you blow your hornSomeone’s in the kitchen with DinahSomeone’s in the kitchen I kno-o-o-owSomeone’s in the kitchen with DinahStrummin’ on the old banjo!Singin’ fi, fie, fiddly-i-oFi, fie, fiddly-i-o-o-o-oFi, fie, fiddly-i-oStrummin’ on the old banjoSomeone’s makin’ love to DinahSomeone’s making love I know-o-o-oSomeone’s making love to Dinah‘Cause I can’t hear the old banjo
俺は線路で働いている(邦題:鉄道稼業)俺は線路で働いているまる一日中だ俺は線路で働いているあっという間に時間が過ぎてゆく警笛が鳴り響くのが聞こえるだろこんな朝っぱらから起きろってさ親方の叫び声が聞こえるだろダイナ、ホーンを吹き鳴らせってさダイナ、吹き鳴らしてくれダイナ、吹き鳴らしてくれダイナ、吹き鳴らしてくれ、お前のホーンをダイナ、吹き鳴らしてくれダイナ、吹き鳴らしてくれダイナ、吹き鳴らしてくれ、お前のホーンを誰かがキッチンにダイナと居る誰かがキッチンに居る、俺は知ってるんだ誰かがキッチンにダイナと居るあの古いバンジョーをかき鳴らしてるんだ!歌ってやがるぜ、フィ、フィー、フィドリーオってフィ、フィー、フィドリーオーフィ、フィー、フィドリーオあの古いバンジョーをかき鳴らしながらな誰かがダイナと愛し合ってる誰かが愛し合ってる、俺は知ってるんだ誰かがダイナと愛し合ってるあの古いバンジョーが聞こえないからな
※ここでのダイナ (Dinah) は列車の名前と女性の名前の両方の意味に用いられていてこの労働歌は猥歌として読むこともできます。子どもにはこの歌詞は見せない方がいいですね・・・日本で子供たちが普通に習う民謡の本当の歌詞の意味がここまで怖いってどうかと思いますよね・・・子供達には明るい背景で生まれた歌を元気に歌ってもらいたいものです。

ネットでの反応

・怖すぎる・・・・子供です、見ちゃったw・本当の意味は知らない方が幸せかもね。
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ THE BOOMの名曲・島唄の本当の意味…知ると涙が止まらない…