[adsense]

血液をサラサラにするオススメ食材10選

水分を失って血液がドロドロになりがちな夏は肝臓と腸に優しい食材を積極的に取り入れて血液をサラサラに整えたいものです。肉や油っこいものをついつい食べ過ぎてしまう方はぜひ意識してそうした食材を日々の食事メニューに加えてください。

1.豆類

大豆やひよこ豆、いんげん豆などの豆類には腸内環境を整える効果が期待できる食物繊維が豊富です。サラダに豆を入れたり、納豆を食べたりするのがオススメです。

2.きのこ類

旨味成分が多く、料理の味を奥深くしてくれるきのこ類は食物繊維が豊富です。炒め物や煮物にたっぷり入れたいですね。

3.たまねぎ

肝臓の解毒作用を助ける効果が期待できます。たまねぎ特有のスースーする成分「アリシン」には新陳代謝を高める効果も期待できます。スライスしたたまねぎを水にさらし、生でいただくのがよいでしょう。

4.にんにく

疲労回復効果が期待できるにんにくにはたまねぎと同様「アリシン」が豊富に含まれています。

5.おから

おからは食物繊維の宝庫。手軽に副菜として活用できるので豆類の代わりに積極的に取り入れましょう。毎日納豆、よりも豆入りサラダや卯の花など、さまざまなメニューで楽しんだ方が飽きがこないかもしれませんよ。[adsense]

6.貝類

スタミナ成分「タウリン」を豊富に摂取することが可能。帆立貝やシジミなどとくにお酒が好きな方に積極的にとっていただきたい栄養素です。

7.ごま

抗酸化作用(=老化抑制作用)が期待できるポリフェノールが豊富。食物繊維もたっぷり含まれています。さまざまな料理にふりかけることができるので手軽に取り入れることができます。

8.カレー粉

スパイスには食欲を増進させたり肝臓の働きを活性化したりする効果が期待できます。たまにはカレールーにこだわり、さまざまなスパイスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

9.青魚

イワシやサバ、サンマなどの青魚にはDHAが豊富。中でも缶詰は骨ごと食べることができてカルシウムを豊富に摂取することができるので積極的に活用したいものです。

10.お酢・梅干し

酸っぱい成分「クエン酸」は疲労回復に役立ちます。リンゴ酢などは飲みやすく、そのまま飲むのにも適しています。「血液をサラサラにする」というテーマ1つをとってもオススメの食材はたくさんあります。健康によいと知った食材だけをとり続けるのではなく、さまざまな食材をバランスよく取り入れることで他の栄養素のバランスまで整えやすくなります。まずはこれら10種類の食材を1週間のメニューに散りばめるところから試してみてはいかがでしょうか。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 何を食べたらどこが太るかが一目でわかるボディマップ…とても参考になると話題に…