[adsense]『閃輝暗点(せんきあんてん)』という言葉を聞いた事はありますか?閃輝暗点とは頭痛の前にギラギラ、チカチカと光が見える現象のこと。よくこの光が見えた後に偏頭痛が起こるという人が多いのですが経験したことのある方もいるかもしれません。実はこの現象、しっかりと名前が付いているんです。今回はこの閃輝暗点についてもっと認知されて欲しいと経験談を漫画にした投稿が話題になっていたのでご紹介します。

頭痛の前に起こる閃輝暗点

[embed]https://twitter.com/katomayumi/status/985341497401720833[/embed]引用:https://twitter.com/katomayumi/status/985341497401720833このことを自分自身も周りも知っていれば閃輝暗点と思われる症状を相談された時に早くに対策が打てます。ぜひ、覚えておいて欲しい内容ですね。

ネットでの反応

・芥川龍之介やルイス・キャロルもこれだったらしいですね、ルイス・キャロルに関してはこの閃輝暗点に加えて別の視覚異常がありそれを元に不思議の国のアリスを書いたとも言われてるらしいです。・かれこれ30数年の付き合いです。最初はこれと偏頭痛の間隔がすごくあったので関連がわからず、わかってからは休むか服薬かで対処してました。現在、アレルギーで薬を制限されているため、まずは目を閉じてブラックコーヒー飲むことで私は、ひどくならずにいます。・私も片頭痛の前に閃輝暗点があって、あれが見え始めると、全て放っといてアイスクリーム食べて、アイスノンで頭を冷やします。拡張した血管をいかに早く収縮させるかが、後の頭痛との勝負です
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 指を1分間揉む仁神術で体に起こる変化が凄い…日本で発祥の治療法が世界中で話題に…