[adsense]最近、日本で夜空を流れる巨大な火のかたまり、火球の目撃情報が相次いでいます。火球はアメリカミシガン州デトロイトでも頻繁に目撃されていて話題になっています。隕石だという説が濃厚なようですが本当のところはわかっていません。果たしてこの火球の正体はなんなのでしょうか?

火球の目撃情報

2018年1月デトロイトの大都市で雷のような轟音と共にまばゆい光を放ちながら落下してくる複数の物体の目撃情報がありました。国立測候所は隕石の可能性を示しましたが本当のところはまだわかっていません。現時点で明らかなのは雷などの天候による原因だとは考えにくいということだけです。地元住民は火球が降ってきた時、家が振動するほどのエネルギーを感じたそうで測候所にはこのような通報が十数件あったそうです。原因を突き止めようとしていますがなかなか結論はでない様子。こういった光だけでなく、音を伴う落下物は非常に珍しいということだけは確かなようです。この現象はほぼ同時期、日本国内でも発生し、神奈川県藤沢市や静岡県の御前崎市に設置されたテレビカメラが上空を流れる火球のようなものを捉えています。上空に赤い光を放ちながら現れ、膨張するように緑色に光3秒ほどで消えたそうです。国立天文台の教授は小惑星のかけらが大気圏に突入して燃え尽きる際に光る火球ではないかと語りました。[adsense]

隕石か?レーザービームか?

轟音と共に数々の火球のようなものが降ってくる現象はデトロイトだけでなくアメリカ全体で起きていると言われています。この火球が上空から音と共に落下してくると同時にレーザーが照射されるところを見たという情報があるのです。そして、カリフォルニアで起こった山火事も上空から発せられたレーザーによって山肌が熱され、樹木に引火し、燃え広がったという説があります。このように上空からレーザーが照射されるのを見たという複数の目撃情報から火球の正体は隕石ではなく、レーザービームのようなエネルギー兵器によって攻撃されたものだと考えるのが正当ではないか?という説まで浮上してきました。もしこれがレーザービームなどの兵器による攻撃であるなら何者かがこの兵器を使って世界中の人々を人質に取っているということになります。中国は巨大なレーザー砲を使って宇宙のごみを破壊しようという提案をしたことがありました。既に巨大なレーザー兵器を所有していても不思議ではありませんよね。私たちの知らないところで宇宙戦争が秘密裡に繰り広げられ、破壊された武器などの破片が落下してきているのだとしたら・・・あちらこちらで目撃されている火球は説明がつくような気がします。ミシガンレーザービーム・・・考えだすとあらゆる想像が止まりません。果たして真実はいかに。日本を含む色々な場所で目撃された火の玉。そこからレーザービームが放射されていたとは驚きです。夜空で見付けるのはレーザービームよりも流れ星がいいですね。

ネットでの反応

・UFOが隕石を撃ち落としたのかとおもった・実に摩訶不思議な現象でもあるなもし仮に宇宙戦争が秘密裏に勃発していたらと考えると……怖い気もするが果たして実際のところはどうなんだろうね・宇宙戦艦ヤマト発進せよ・さっき、韓国で見ました。
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ アポロ11号月面着陸の空白の2分間の真実…なぜ40年以上経っても二度目の月へ行かないのか?