[adsense]この先の人生はまだまだ長い道のりです。そんなことを考えて今感じているイライラや悲しみといったマイナス思考を忘れ去ろうとするときもあるかもしれません。でも中々そういったものって取り払うことができないですよね。何故か無性に海に行って叫びたくなる時もありますが、日々の仕事や家事、育児が大変でそんな時間も作ることができないとさらに落ち込んでしまってはいませんか。そういう時にこそ、自分自身を見つめ直すチャンスなのではないでしょうか。また、そんな思考が続いてしまったときの対処法として漫画家の有栖川ひとりっ子(@arisugawahitori)さんが指南してくれています。[adsense]

マイナス思考が続いている人に気が付いてほしいこと

[embed]https://twitter.com/arisugawahitori/status/866240562923413506[/embed]引用:https://twitter.com/arisugawahitori/status/866240562923413506妙に納得してしまいますよね。人間の身体はとても緻密に作られていて、少しの体調変化や不快感によってメンタルにも影響してしまい、余計にマイナス思考へと導いてしまうものです。どうすれば良いのかと一人で抱え込んでしまう前にまずは自分のそういった体調変化が起きていないかと冷静になって考えてみることが大事なのではないでしょうか。また、他人に迷惑を掛けたくないからと言って悩みを相談しない人もいるかもしれませんが、周囲の人間からすれば悩んでいる姿を見ている方が不安な気持ちになりますので、素直に自分を曝け出してみましょう。まずは、自分の健康管理から始めて夜更かしをするのではなく、早寝早起きを心掛けると1日を爽快に過ごすことができますので、騙されたと思って実践してみてください。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ この症状はうつ病の危険なサインかも…うつ病を疑うべき症状とは…