[adsense]頑張って勉強や読書などをしたときに頭が疲れたと感じたことがある人は少なくないと思います。でもそれって実は勘違いだったのかもしれません。今回は東大の脳科学教授が教える疲れず長時間勉強する方法を紹介します。

東大教授が教える疲れず長時間勉強する方法

[embed]https://twitter.com/k_kumehara/status/1119522966419558400[/embed]引用:https://twitter.com/k_kumehara/status/1119522966419558400
東大の脳科学教授に聞いた話が超ためになったので、共有!・脳は数時間の勉強では疲れない・疲れたと思ったら、それは脳以外の「目」「首」「腰」等の疲労が原因・1つのことに「飽きた」状態も「疲れ」と錯覚する・勉強に疲れたと思ったら、ストレッチをして科目を変えれば長続きする広まれ!
メンタリストのDaigoさんも昔言ってましたが勉強を長時間して疲れる原因は「長時間同じ姿勢で血流の流れが悪くなっているから」だそうです。勉強に飽きた時は激しい運動を少しでもすれば良いそうです。例:バービージャンプ、スクワットなど。

ネットでの反応

・目と腰と肩の疲労。確かにありますね。屈伸すると全身に血液が周り体がリセットされると聞いたことあります。・これ体感ありますね「勉強に疲れたと思ったら科目を変えれば長続きする」受験勉強してた時にこれしてました・『ゲーム疲れたからゲームやろうぜ!』は理にかなっていたのか……。(多分違う)・勉強てやる気になれば一日中できますからね、、。睡眠は8時間以上厳守。
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 学校に行かない11歳の哲学者・中島芭旺くんの名言が深すぎる…