[adsense]1888年、イーストロンドンのホワイトチャペル地区で娼婦を狙った猟奇的な連続殺人事件が発生し、イギリス全土を恐怖のどん底に突き落とした。その手口はメスの様な鋭利な刃物でのどを切り裂き、内蔵まで摘出するという残酷なもので判明しているだけでも5人の女性が犠牲となっている。結局未解決に終わったこの事件の犯人は切り裂きジャックと呼ばれ、その正体を巡ってこれまで多くの説が唱えられてきた。また本や映画の題材にもなるなど、大勢の人間がその闇に魅せられ、想像力と好奇心をかき立てられてきた。126年の時を経てついに、この犯罪史上最大の謎が現代の科学捜査によってついに明らかとなったそうだ。

切り裂きジャックの正体

DNA鑑定によ、切り裂きジャックの正体はポーランドからの移民、アーロン・コスミンスキであることがわかったそうです。事件解明のきっかけとなったのは2007年、あるオークションに出品された血痕付きのショールです。このショールは切り裂きジャックの犠牲者の1人、キャサリン・エドウッズの脇に落ちていた物で付着した血液は彼女から流れ出たものだと説明されていました。出品者デビッド・メルビル・ヘイズ氏の話では彼の先祖は当時警官で犯行現場に立ち会った際に上司に頼んでこのショールを手に入れたそうです。ヘイズ氏は1999年にこのショールをロンドン警視庁の犯罪博物館に寄贈しましたが、その由来を証明できなかったため、公開されることはありませんでした。2001年、ヘイズ氏の意向で同好者によって毎年開催されている切り裂きジャック会議に展示され、また2006年にはチャンネル5のドキュメンタリー番組向けに科学的な鑑定を受けていますが、結論は出ないままであった。このショールがオークションに出品されたとき、大抵の切り裂きジャック研究家は一笑に付しただけでした。だが、これに何かを感じ取った男がいました。その男の名はラッセル・エドワーズ。推理を趣味とし、長年切り裂きジャックの謎を追い求めてきた48歳のビジネスマンです。2007年にオークションで購入したショールを掲げるラッセル・エドワーズ氏。切り裂きジャックの犯行現場に落ちていたものだという。彼は犯罪博物館で当時の警察はアーロン・コスミンスキという男が真犯人であるとほぼ断定していたという話を聞いていました。コスミンスキ容疑者はロシアの虐殺から逃れるため1880年代初頭にロンドンに移り住んできたユダヤ系ポーランド人です。職業はホワイトチャペル地区の美容師であったが、幻聴を伴う妄想型統合失調症に罹患しており、女嫌いで自慰癖があったという。警察は同容疑者を24時間監視下に置いていたが、証拠不十分で検挙できず、結局彼は残る生涯を精神病院で過ごすことになります。エドワーズ氏はこの話を聞くと彼が真犯人であると確信し、その証拠を探すことにしました。[adsense]

英国犯罪史上最大の連続殺人鬼の素顔

実はショールには聖ミカエル祭の菊の模様が織られていました。今日では廃れてしまった聖ミカエル祭ですが、ビクトリア期においては四半期の勘定支払日と関連してよく親しまれていました。聖ミカエル祭の日付は宗派によって異なり、西方教会では9月29日、東方正教会では11月8日とされています。エドワーズ氏は偶然にもこの日は切り裂きジャックが最後の2つの犯行を犯した日とぴったり一致していることに気がつきました。彼の推理では娼婦であり、殺される前日に靴を質入したほど貧しかったキャサリン・エドウッズが高価なショールの持ち主であったとは思えず、むしろ切り裂きジャックが捜査をかく乱するために現場に置いて行った可能性がが高いのでは?というものであった。ショールを手に入れたエドワーズ氏は遺伝子鑑定の専門家であり、リヴァプール・ジョン・ムーアズ大学で分子生物学を教えるヤリ・ロウヘライネン博士にその鑑定を依頼しました。関心を示さなかったロウヘライネン博士をなんとか説得し、赤外線カメラでショールを調査してもらったところ、黒く固まった血痕は犠牲者が切られたとき吹き出した動脈血であることが判明しました。しかし次の発見はさらに驚くべきものでした。紫外線写真で浮かび上がったのはなんと体液の痕跡だったのです。つまり切り裂きジャック本人と直接繋がるものが発見された可能性があったのです。さらにエドウッズは殺害された際に腎臓を摘出されているが、その腎細胞と思わしき細胞まで見つかりました。エドワーズ氏はこの発見の裏をとるため、付着物の持ち主の子孫を探すことにしたが、ここで一つ問題が持ち上がります。それはゲノムDNAでは時間経過とともに劣化してしまい鑑定が困難であるため、より時間経過の劣化が少ないミトコンドリアDNAで辿らなければならないということでした。ミトコンドリアDNAとは女性間の間でのみ遺伝するDNAです。つまり持ち主の女系の子孫を探してくる必要があったのです。しかし幸いにもキャサリン・エドウッズの女系の子孫であるカレン・ミラーという女性が見つかった。事情を説明し、DNAサンプルの提供を受けると再び鑑定を開始。結果は完全にエドウッズのものと一致していた。この時点でこのショールが1888年の犯行現場に落ちていた紛れもない本物の遺留品であることが判明したのです。これまで事件現場との関連性を科学的に証明された唯一の物証です。この発見に励まされたエドワーズ氏とロウヘライネン博士は今度は体液のDNA鑑定に取りかかった。体液のDNAは劣化している可能性が高く、採取はより困難であった。そこでその分野の世界的権威であるデビッド・ミラー博士に協力を依頼し、2012年、ついに犯人が射精した際に尿道から剥がれたと見られる上皮細胞の採取に成功しました。その後、コスミンスキの妹マチルダの子孫である女性を探し、彼女の口内からミトコンドリアDNAを採取すると最後の作業へ取りかかりました。この数ヶ月におよぶ作業の結果、それが指し示していたのは最初の勘の通りアーロン・コスミンスキであった。事件の容疑者たち。左上からクラレンス公アルバート・ビクター王子(梅毒で心を病んでいた)、外科医ウィリアム・ガル、画家ウォルター・シッカート、ユダヤ人の靴屋ジョン・ピッツァー、理髪師ジョージ・チャップマン(後に3人の女性を毒殺)、そしてアーロン・コスミンスキ。切り裂きジャックは王室の一族でも高名な外科医や政治家でもなかった。女性を無惨に殺害することで性的な満足を得ていた哀れな狂った人間だったのです。彼はリーブズデン精神病院で壊疽を引き起こし、53歳でその生涯を閉じています。死に際の体重はわずか44kgだったという。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 中国の死刑の実態…人生最後の瞬間を刑務所で迎えた美しすぎる囚人達…