[adsense]日本では非常に少ないですが、世界には『無国籍の子供』が多くいます。貧困の為にやむなくという場合だけではなく、多くは『望んでいない』という大人の身勝手な行動や事情によるものばかりです。そんな悲しい無国籍の子供達の為に人生を尽くした女性が世界中で感動を呼んでいます。

40年間で35人の捨て子に無償の愛を注いだ女性

中国の金華市に住む88歳の女性、ロウ・シャオインさんは道に捨てられているゴミを拾い、リサイクルする事で生計を立てています。決して豊かではなく、その日暮らしの様な環境での生活。そんな貧しい生活を送るロウさんは、ゴミ以外にもずっと拾い続けているものがありました。彼女が拾い続けていたものそれは子供です。40年間町中で捨てられていた子供達を連れて帰っては、自分の子供と分け隔てなく育て上げてきたというのです。子供達の数は35人。1972年、ある日にゴミを拾いに出かけたロウさんは小さな赤ん坊を目にします。その日から彼女は見ず知らずの子供達を助ける活動を始めるのです。初めて発見した赤ん坊は、女の子で道のゴミの中に埋もれて捨てられていました。ロウさんに発見されていなければ小さな命は消えていたでしょう。赤ん坊はロウさんの家で自分の子供のように育てられました。女の子の成長を見守る事がロウさんの生き甲斐になっていきます。ロウさんには実の娘がいましたが特別扱いせず、良いものを着せることもなく、同じように愛情を与え続けました。そんな生活をするうちにロウさんは気付きます。
『子供の世話をする事が私の本当に大好きなことだ!』
生き甲斐を見つけたロウさんでしたが、その直後に夫が突然他界してしまいます。貧困だった家庭はますます貧しくなっていきました。ロウさんは収入を得る為に小さな子供達が寝静まった後に働き、目を覚ます前の明け方に帰宅するという生活を送ります。しかし子供達の食費分のみしか得られず、その為ロウさんは子供達が満腹になるまで食事に手をつけませんでした。実の子ではない人間の為に、自分を犠牲にしてここまで尽くすことが出来る…。普通に考えると、とても誰にでもできるとは思えません。ロウさんはそれからも子供達の成長だけを楽しみに、貧しいながらも日々を送っていました。そうして88歳になった時、運命的な出会いを果たします。[adsense]

最後の願い

いつものようにゴミ回収をしていたロウさんは、ゴミに埋もれている小さな男の子を発見します。しかしロウさんは88歳。自分の年齢を考えると育て上げることに不安を感じました。しかし男の子は苦しそうにロウさんを見つめます。見捨てることなど出来るはずはなく、自宅に連れて帰って世話をすることにしました。男の子の名前は中国語で貴重で大切なものを意味する麒麟と名付けられ、7歳の麒麟はすくすく成長しやんちゃ坊主になりました。ロウさんは現在、腎不全の為入院しています。今まで育ててきた子供達が小さな弟の面倒を見ているのです。動くことも話すこともままならないほど、衰弱してしまったロウさんには願いがあります。『麒麟が学校に通うこと』 ロウさんの最後の願いです。子供達を学校に通わせてあげることの出来なかったことをずっと後悔していたロウさん。最後の子供である麒麟には、しっかりした勉強環境を与えてあげたいと願ったのでした。しかし、戸籍の無い麒麟は学校に通うことができません。そんな時、奇跡がおきます。ロウさんの今までの人生がニュースで取り上げられ、多くの人達が感動し入院費を援助するなどして、募金サイトが立ち上がったのです。更に戸籍管理をしている公的機関が、麒麟を学校に入学できるように取り計らってくれた事で、念願の通学をすることができるようになりました。とても貧しい生活の中、子供達を世話し続けてきた事が賞賛され、ロウさんは地元の英雄になりました。

再生できる命

ロウさんの言葉があります。
生活の為、ゴミを漁る生活をする私が見た見過ごしてはならない現実がゴミの山の中にありました。私たちには生活の為、ゴミを集めてリサイクルする力があります。人の命もきっと『再生』出来るはずです。道にゴミのように捨てられた子供達は愛情を助けを必要としています。
自分の人生を全て子供に捧げ、無償の愛を送り続けてきたロウさん。彼女の言葉に力と深い愛を感じます。そして、誰にでも出来ることではない生き方に世界中が賞賛を送りました。どんな状況下でも生まれてきた子供達に罪はありません。大人の勝手な理由により生きていく権利を奪われ、抵抗もできない子供達はロウさんという光によって、救われ生きていくことができました。裕福だけが幸せではないのかもしれません。家族の愛情に包まれたロウさん一家は、とても幸せを感じていたのではないでしょうか?これからもロウさんとその家族が幸せにそして願いが叶い続けることを祈ります。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ なぜか息子の右側ばかりを歩く飼い犬…ある日、両親は理由に気が付いた…