[adsense]Twitterユーザーの「G₋A₋S₋Oさん」は、『昔のヨーロッパの駅みたい』に思える、大雪が舞う東京駅の美しい画像を投稿しました。それはそれはとても美しい写真なのですが、この美しさに多くの方々が足を止めていたようです。そんな中G₋A₋S₋Oさんはとても『日本人らしい』光景を目にしました。

美しさと日本人らしさを兼ね備えた光景

大雪で急いで帰宅する人たちが足を止めて雪化粧をした東京駅に見惚れました。『丸の内駅前広場』にはカメラを持った多くの人が集まっていたのです。東京駅の撮影スポットにもなっている広場には、たくさんの方々が撮影に来ていたようです。その写真は古風に建て替えられた東京駅が雪の効果もあって幻想的に見えます。[embed]https://twitter.com/G_A_S_O/status/955369821637459973[/embed]引用:https://twitter.com/G_A_S_O/status/955369821637459973
東京駅も雪が降ると昔のヨーロッパの駅みたいになるな。広場には駅を撮影する人たちの自主最前列が形成されていた。前を歩きにくいが、日本人らしいとも言える。
手前に歩いている人たちが、中世ヨーロッパの衣装を着ているようにも感じます。このような時でも横一列に並んでしまう体制は、「日本人らしい」光景と言えますね。撮影者同士で相手の邪魔にならないように配慮した結果が、このように美しい列を作ったようです。このような美しい東京駅はめったに遭遇できるものではありません。[adsense]

日本人らしい光景

大雪にもかかわらず美しいものに目を止め、なおかつ自然とキレイに列が出来る光景には、見ている方も幸せな気持ちになりますね。撮影された東京駅の優美さ、撮影していた人々の心遣いがとても美しい情景でした。日本人の美徳が雪の中でさらに素敵に見えますね。

ネットでの反応

・周りに迷惑をかけないように列を作る日本人の心が美しい。・いろいろな意味で、絶景です。・写真はもちろん美しいし、きれいに列を作るのも微笑ましい。・平和を感じます。
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 東京駅の床にある謎のマークの意味…実は深い意味があった…