[adsense]日常生活を送る中で多くの人がストレスを抱えるかと思います。特に日本人はストレスの発散が非常に苦手な国民なため、そのストレスのせいで精神的に病んでしまうことも。しかし、中には一切ストレスを感じないタイプの人もいますよね。一体、このストレスを溜め込みやすい人と発散できる人にはどのような違いがあるのでしょうか?そんなストレスの受け皿を図化した「ストレス許容範囲パターン」が当たりすぎていると大注目を集めました。この投稿は瞬く間に反響を呼び、多くの人から注目されることになりました。

タイプ別ストレス許容範囲

話題を集めたのはこちら。3つのタイプ別にわけられた『ストレスの許容範囲の違い』…皆さんは自分がどのタイプだと思いますか?

ストレスを溜めない「筒タイプ」

感情豊かで怒りっぽくも泣きやすい。しかし感情を露わにするためストレスを溜めにくいタイプ。

感情の起伏が安定している「ざるタイプ」

網目上により、小さなストレスは解消される。受け流しが得意。

溜めて一気爆発「箱タイプ」

とにかくストレスが溜まっていく一方。普段は穏やかだけどある点を超えると大爆発する。今何かしらでストレスを抱えている方は「箱タイプ」の方が多いのではないでしょうか。しかし、ストレスを溜めないために受け流す努力をしても余計にストレスが溜まるような気がします。しかし、自分のパターンを改めて認識すれば、ストレスをうまく解消することができるかもしれません。一番必要になるのは自分に最適なストレス解消法を見つけることではないでしょうか。

ネットでの反応

・筒タイプなので嫌なことは10分で忘れます・浅い箱だからすぐに爆発しちゃう…・箱にどんどんと溜めて行って、満タンになったら一気に吐き出す。で、スッキリする。
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ ストレスが限界値に達している人の特徴…6つのうちどれかが出るとヤバイ…