[adsense]世界中で問題となっている薬物問題。日本では最近だけでも清原容疑者、そして高知容疑者と芸能界でも逮捕者が出ています。薬物が体にどれほど悪影響を及ぼすかは皆さんも言うまでもなくご存知かと思います。一度薬物に手を染めてしまえば待っているのは地獄。薬物離れは非常に難しいと言われています。そんなドラッグに溺れてしまったある女性が話題を集めています。24歳のAさんは2年前まで最も常習性の高い「ヘロイン」を使用していました。ヘロインはコカインや覚せい剤と比べて値段が安いため、毎日溺れるような破滅的な暮らしをしてしまうのです。24歳のAさんは2014年の6月、自分がまだ常習者であった頃の写真と現在の写真の「ビフォー&アフター」を海外掲示板『reddit』に投稿しました。そのあまりの変貌ぶりに、ドラッグの恐ろしさと克服することで再び明るい道を歩むことができることを実感できます。今回、そんなAさんのビフォー&アフターの写真を紹介します。[adsense]

ヘロイン常習者が薬物を止めたビフォー&アフター

こちらがドラッグ使用時に警察に逮捕されマグショットを取られた時の写真です。ドラッグ使用者の典型的な「死んだような目」と「つやのないバサバサの髪」、「荒れた肌」。この写真を見ると年齢よりも10歳以上歳は上に見えます。そんなAさんは、見事にドラッグを断つことに成功。826日後に撮影した写真は当時の面影は一切ありませんでした。肌の色つやも良くなり、死んだような目をしていた彼女の目には光が宿っています。ビフォーと比べると、現在は全く違う人生を歩いているのだということが一目でわかる写真です。そんな彼女は1児の母。暴力的なパートナーとの生活が原因で、娘を実家に預け、自身はドラッグに染まってしまったとのこと。しかし、再び子供と生活を送りたいという気持ちからリハビリを決意し、ドラッグを断つことに成功したそうです。努力の結果、ドラッグ断ちすることができたAさん。本当は忘れてしまいたい過去ですがあえてredditに投稿。それには
「あなた(ドラッグ常習者)でも、きっと立ち直れる」
というエールが送りたかったからだと綴っています。ドラッグ中毒を克服するのには、自分との戦いです。しかし、自分を信じ、決して負けない精神力を持つことでAさんのように克服できることが証明されました。克服に成功したAさんがこれからの人生を明るく、正しい道を欲しいと願わずにはいられません。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 薬物の危険が一目瞭然の写真…グロテスクな光景だと話題に…