[adsense]誰にでも突然襲いかかる恐れのある「うつ病」は深刻な問題となっている現代病のひとつです。うつ病の原因は様々な要因があると考えられていて、過度のストレスもうつ病の原因になる場合が多いとのこと。うつ病にかかるとやる気が起きにくく、何をしようとしても億劫に感じてしまうと言われています。そんな中、重度のうつ病に悩むスウェーデン在住の女性ジョナ・ルースルンドさん(26)がSNSに投稿した内容が話題になりました。ルースルンドさんは自分自身、何か変えなければと日頃から思っていたようで、ある日決心をしました。

「まず、部屋の掃除をしよう…!そしてら何かが変わるかもしれない…」
普通の人にとってはなんてことないと思える内容でもうつ病の人にとっては大変なことでこの決心をする前の彼女の部屋はこんな状態でした。私は重度のうつ病のせいで掃除や家事をするだけで本当に大変なんです。ある日、私は自分を奮い立たせて部屋の掃除をしました。数ヶ月間掃除をしていなかったので、こんなに汚かったんです。でもこの金曜日に私は「掃除してやる!」って決めました!そして3日後には驚くべき変化がありました。[adsense]

重度のうつ病の女性がある決心をした結果

こちらが3日後の部屋の様子です。
私の部屋の床が見えますか!?ベッドの上にいるテディベアにも挨拶できます。うつ病に打ち勝ったとまでは言えないけれど私は人を部屋に招き入れるようになりました。この素晴らしい出来事を多くの人に知ってもらいたくて投稿しました。
部屋は見違えるほどキレイな状態に。そして人を招きいれるようになったという変化も訪れたのです。「苦しい」、「もうやめたい」と思いながらも自分を変えたいという一心で部屋の掃除をやり遂げ、自分で現状を変えたルースランドさん。彼女の元には同じように悩む方から「勇気をもらった」「これがどれだけ大変なことか私は知ってる」といった称賛のコメントが多数寄せられました。自分で踏み出した一歩は彼女にとってもかなり勇気がいるものであり、うつ病を抱える多くの人にも勇気を与えたのではないでしょうか。あまり無理をせず、このまま一歩ずつ前へ進んでいってほしいですね。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ うつ病の人が話す言語的特徴…これを連発する人はうつ病の危険が…