[adsense]

喉の辛い症状を緩和するには?

季節の変わり目や寒い時期になると風邪を引く人も多いと思います。仕事や学校で休みが取れないと喉の痛みは辛い症状のひとつですよね…。誰かと話すことはもちろん、食べ物が喉を通る時に痛みや違和感で食事が取られなくなることもあります。そこで今回は、そんな喉が痛い時におすすめの食べる・飲むことによって喉が楽になる物を紹介します。

喉が痛い時に積極的に摂り入れたい食べ物

気温が下がり空気が乾燥してくるこれから、ウイルスの活動が活発になり、心配なのが風邪やインフルエンザなどの感染症です。そこで、もし風邪をひいて喉が辛い時に摂り入れたい食べ物を見ていきたいと思います。

①暖かい根野菜

大根やレンコン・人参や生姜などの「根っこ系」の野菜には体を温めてくれる事はもちろん炎症を抑え抵抗力を高めてくれる効果があります。根菜類は水分が少なく、ビタミンCやE、鉄などをはじめとするミネラルを多く含むものが多いため積極的に摂りましょう。

②フルーツ

フルーツに多く含まれるビタミンCは免疫系が適切な働きをするのを助けます。また、ビタミンCはタンパク質とコラーゲンを生成し、細胞を強くすることで風邪などのウイルスを体内に侵入させにくくします。[adsense]

③緑茶や柚茶

カテキンには喉の菌をやっつけてくれる抗菌作用があり、ウイルスを撃退する効果もあるので風邪の予防になります。また、柚にはレモンの3倍のビタミンCが含まれているので風邪の予防・保湿効果はもちろん、喉の痛みにも効きます。しかし、ウーロン茶は喉の糖分を奪うと言われているので喉が痛い時はウーロン茶は避けて緑茶や紅茶にしましょう。

④蜂蜜

殺菌作用と炎症を抑える作用がある蜂蜜、喉の痛みを抑えるのに効果的です。紅茶に入れて飲んだり、お湯に溶かして飲むと体を温める効果もあります。ただし、1歳未満の乳幼児には蜂蜜を飲ませてはいけないので注意しましょう。

加湿器で喉の乾燥対策も

食欲がないときは無理して食べないという選択肢もありますが、体調不良に効く食べ物や体力の回復を早めてくれる食材もあるので出来るだけ必要な栄養素を体に取り込んで早く治しましょう。また、普段からリビングや寝室に加湿器をつけて休むようにすれば喉の乾燥対策にもなります。乾燥に気を付けて寒い季節を乗り切りましょう。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 日頃飲んでいる飲み物を全て水にすると起こること4選…水は一番の健康食品だった…