[adsense]

気づくと付いている頑固な襟汚れ

仕事や学校でワイシャツを着るという方も多いと思います。そして、特にワイシャツで気になるのが襟の汚れ。普通に洗濯機で洗ってもなかなか落ちず、クリーニングに出すにしても襟以外は汚れてないのでもったいない…と悩んだ経験はありませんか?そこで今回はワイシャツの襟にたまってしまう頑固な汚れを予防する方法を紹介します。

自宅でできる簡単襟汚れの予防法

普段あまり汚れが気にならないと言う方も着続けることによって着実に黄ばみや汚れは蓄積されていきます。そこで汚れが気になる前にできる予防法をいくつか紹介します。

1.襟汚れ専用洗剤をつけて洗う

洗濯機で洗う前に襟汚れ専用洗剤をつけるだけで、しっかりと汚れの元を落とし目立つ汚れが付いてしまう前に予防できます。一手間かけるだけでワイシャツの持ちが変わること間違いありません。

2.襟汚れを予防してくれるテープを利用する

汚れが付きやすい部分に貼ると黄ばみをブロックしてくれる効果のあるテープで襟の長さに合わせて切り、首にあたる内側に貼るだけです。また、汚れを予防すると言う点では襟だけでなく袖にも使えます。[adsense]

3.ベビーパウダーで予防

ベビーパウダーには汗や皮脂を吸収してくれる効果があります。ワイシャツを着る前に首回りに塗っておくと、黄ばみの原因の皮脂をが付くのを防ぎ、襟周りをサラサラな状態に保ってくれます。

4.アイロンのりで予防

ワイシャツをきちっと仕上げるアイロンのり。実はワイシャツを綺麗に仕上げるだけではなく、襟につけてアイロンをするとコーティング効果で汗や皮脂汚れが付きにくくなります。

汚れも防げて節約にも!

普段の洗濯前や洗濯後のちょっとした工夫でお気に入りのワイシャツが長く着れるようになります。また、自宅にあるもので簡単に予防できるので節約にもなり一石二鳥です。今まで汚れてしまったシャツはクリーニングに出すか諦めてゴミ箱行きになっていた方はぜひ試してみてくださいね。[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ トイレ掃除にはコカ・コーラ?飲むだけじゃないコーラの意外な裏ワザ