[adsense]

YouTubeがきっかけで人生が狂った人

最近は自分で撮った動画を投稿して収入を得る、ユーチューバーも人気ですよね。楽しめることなら問題ないのですが、YouTubeの本場であるアメリカでは人生を狂わせることになった人も‥。

1.人気ピザチェーン店で

ノースキャロライナ州にある人気ピザチェーン店の従業員だった、クリスティ・ハモンズとマイケル・セッツアーがいたずらした食べ物を客に提供していたことがYouTubeで発覚。彼らは、鼻に入れたチーズをトッピングしたり、食べ物にわざとくしゃみをかけたりする様子を動画撮影して、YouTubeに投稿していたのです。その結果…動画は2分ほどでしたが投稿されたその日に削除され、店をクビになった上に異物混入などの容疑で逮捕されることに。また店は、2人に対して裁判を起こすこす準備に入り、他にもいたずらした可能性を考えて、店全体を消毒するという処置が取られたそうです。

2.自慢の農場

ネバダ州では、妻と一緒に自宅の中に作った農園を毎週YouTubeに投稿している男性がいました。自己紹介には品評会で受賞したなどとコメントがありましたが、実はこの農場、マリファナ農場だったのです。結果、この35歳の男性、ジェイソン・ペルティナはマリファナ所持の疑いで逮捕されたそうです。[adsense]

3.過去の過ち

ある28歳の女性が40歳の女性教師との電話の内容をYouTubeに投稿しました。その内容は、彼女が12歳の時に当時バスケットボールの顧問だったアドレア・カドーサという女性教師に性的虐待を受けていた、というものでした。アドレアはすぐに警察に逮捕されました。アドレアが逮捕された後、動画の存在を知ったもう1人の被害者が名乗りをあげたそうです。被害にあった女性は、動画を投稿することで自分だけでなく、もう1人の被害者の心を救いました。

4.銀行強盗っ娘

YouTubeには若い人たちが買い物をした商品を紹介する「Hul」というコーナーがあって、人気になっています。そのコーナーに「銀行っ娘」というタイトルで19歳のハンナ・サバタが投稿した動画がありました。内容は一見、他のユーザーと変わりないように見えるのですが、実は・・・彼女はなんと!自分が盗んだものを動画にして公開していたのです。その中には盗んだ車の鍵や銀行強盗をして奪った6256ドルを自慢げに見せる姿も。動画の終盤になると「なぜこんなことをするのか?」と自答。その答えは‥。彼女は、自分の生んだ赤ちゃんをネグレクトの疑いで政府に取り上げられてしまったのだとか。そのため、このような犯行に及んだそうです。その結果、この動画がきっかけになり、逮捕されました。

5.いたずら王子

YouTubeでは通行人にいたずらを仕掛ける動画などがよく投稿されて話題になります。どれも笑えるような動画なのですが、フロリダ州に住むチャールズ・ロスはその影響を受けて通行人に突然キスをするなどの動画を作成して投稿していました。そして彼はさらなるいたずらを思いついて実行したのです。それはウェッジー。これはアメリカでは馴染みがあるいたずらで、他人のズボンに後ろから手を差し込んでパンツを上に持ち上げるというもの。そしてチャールズは日曜日に映画館に行って、多くの人にこのいたずらを実行しました。このいたずらは軽犯罪法にあたるとしてチャールズは逮捕されました。750ドルの保釈金を払って釈放されたチャールズは、反省しながらも懲りずにいたずら動画を投稿し続けたそうです。

ネットでの反応

・日本のYouTuberが可愛く見えるくらい頭おかしいw・馬鹿ばっかりだ。・何が面白いのかわからん。
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ YouTuberにより発見された不思議なモノ9選…まさかこんなモノまで…