[adsense]

危険なスマホアプリ12選

今や私達の生活に欠かせないものの一つとなったスマートフォン。そこで気になるのがウイルス感染やハッキングによる情報漏えいです。スマホの中身は人に知られたくない重要な情報でいっぱいです。では大切な個人情報を守るにはどのような対策をすればよいでしょうか?今回は消さない危険なアプリを紹介します。

1.画像ビューから個人情報漏えい

画像ビューアプリとしてだいにんきだったアプリ中国系の企業に買収されてからは以前とは違う状況に。中国はこのアプリでユーザーの情報を集め、吸い取っているのです。私達の個人情報、そこから全世界へ売られていっちゃうのでしょうか・・・

2.ファイルマネージャーが個人情報を発信

ファイルマネージャー機能としては優秀なアプリでしたが無料版は中国のある企業に個人情報を送っているそうです。この会社はスマホアプリに限らずパソコンからも個人情報を収集しているという話で注意が必要です。

3.電話高速化アプリから個人情報が流出

表向きは電話を高速化するアプリですが実はユーザーの個人情報を入手するための囮だとか。利用すればスマホの中の個人情報は筒抜け。パスワードやクレジットカード情報、居場所まで知られることに。あなたのパスワードを使ってログイン。ネットバンキングやクレジットカードから勝手にお金を使われてしまうかもしれません。

4.キャッシュクリーンアプリから個人情報漏えいに

キャッシュクリーナーとしては大人気なアプリですが実は落とし穴が・・・気づかないうちに危険アプリをインストールさせられ、情報収集にみずから協力していたなんてことも。知らない企業に自分の居場所やパスワード、カード情報などを教えてたなんて最悪です。

5.危険アプリの導入を勧誘

「スマホが危険」とあたかもウイルスに感染しているかのような広告が次々に表示されるという迷惑アプリ。うっかりタップしたらかえって危険な事態を招くことにもなりかねません。

6.セキュリティアプリから情報漏えいに

セキュリティアプリと言っておきながら、悪質な広告、危険なアプリを勧誘してくるこれこそ危険なアプリです。守るどころか反対に個人情報を吸い取られてしまいます。[adsense]

7.諜報機関喜ぶ危険アプリ

欧米5カ国共同チームにより、個人情報がダダ漏れになっていると指摘されたアプリ。諜報機関にとって非常にありがたいアプリなんだとか。私達の個人情報はもはや世界中に握られているのかもしれません。

8.スパイウェア搭載ブラウザアプリ

スパイウェアが仕込まれており、スマホの中身全てが通信されるという驚きのアプリ。ID・パスワードやクレジットカード情報ばかりかあなたの毎日の生活パターン、趣味趣向に至るまで全ての情報が筒抜けかも。

9.ブラウザアプリから筒抜け

中国製ブラウザアプリがユーザーの検索や閲覧履歴などばかりでなくWi-FiのアクセスポイントやIDまで吸い取っていたことが明らかになっています。

10.IMEアプリから情報漏えい

一見、着せ替えができる可愛いIMEなのに実は落とし穴が・・・実は中国の企業に情報が筒抜けでした。自分の情報が外国の企業に握られるって不気味です。

11.懐中電灯アプリから位置情報漏えい

ある懐中電灯アプリがユーザーの承認を得ずに端末の位置情報を第三者に流していた事実が明らかになりました。まさか懐中電灯アプリから位置情報が漏れるとは・・・

12.キーボードアプリから個人情報漏えい

自分好みのデザインを楽しむことができる中国製キーボードアプリ。しかし、ユーザーの個人情報を外部サーバーに送信しているだけでなくGoogle Play ストアポリシーへの違反行為も発覚。危険ですね。普通にダウンロードできるアプリにこんな危険が潜んでいたとは驚きです。安易な個人情報の入力は避けましょう。そして、無料アプリにはご注意を。場合によってはタダより高いものはないかもしれません。

ネットでの反応

・危険だけですませない信用度0の中国アプリ。わかります。・そう言えば某国では共〇党に企業が掴んだ情報を渡さなければならないという法律を作ったようですが、米国がファーウェイの取り扱いを禁止するのも判るような気がする。が便利しか解らず、利益しか考えない輩に。・今まで入れていたアプリが結構あった…
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ 「iPhoneを探す」機能に潜む危険…スマホを落とした女性の怖い体験が話題に…