フライデー襲撃事件後、ビートたけしの会見がカッコよすぎる…[adsense]

フライデー事件とは

1986年、ビートたけしと愛人関係にあった専門学校生に対し、写真雑誌「フライデー」の強引な取材に業を煮やしたビートたけしが弟子であるたけし軍団11名と共に講談社のフライデー編集部に乗り込んだ事件です。当初、ビートたけしは手を出さないよう軍団メンバーに言っておいたものの、当時の編集次長による「自分は空手が得意である」旨の発言をはじめとした、編集部員の挑発的言動が原因で暴行に至ったと記されている。報道によれば、ビートたけしが「担当者を出せ」と迫った後、どちらからともなく一斉にもみ合いになった。たけしらは「ブチ殺すぞ、この野郎!おれは刑務所行きも覚悟している!」などと怒鳴りながら、粉末消火器を噴射した上、同誌の編集長及び編集部員らに室内にあった雨傘や拳で殴打したり蹴ったりして、肋骨骨折などで1ヶ月から1週間の傷害を負わせた。たけしらは住居侵入・器物損壊・暴行の容疑で大塚警察署によって現行犯逮捕された。引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6双方大した怪我もなく最終的には執行猶予の判決が下りましたが、芸人が大挙してマスコミの編集部を襲うなど前代未聞のまさに大事件。しかし、成宮寛貴の引退においても一人の人生を狂わせるような報道をしたフライデー。ビートたけしが行き過ぎたフライデーのやり方に業を煮やして突撃したのには今となっては共感が持てると思う人も沢山いるのではないでしょうか?ビートたけしがフライデーを襲撃した理由。その真相を知ると「漢としてそれはきっと正解」と思える。それくらい人として踏み込んではならない行為をフライデーは行ったようでした。[adsense]

フライデーを襲撃した理由

1980年代当時、写真週刊誌の報道は行き過ぎが問題視されていたころでもありました。中でもその先鋒は「フライデーされる」という今でもよく聞く言葉を生み出した週刊誌「FRIDAY」です。そのため事件後にはビートたけしさんらに同情的な声がありました。また、ビートたけしさん個人の状況からいうと当時の交際相手の女性に対する過剰取材をしたのは元々、彼と懇意にしていた記者だったそう。そのためいろいろと事情を知っていた記者がその情報を利用して過剰取材へ…当時、「フライデー」の契約記者だったAはたけしに取り入って、四谷三丁目にあった居酒屋「北野家」に出入りし、ただ酒を食らいながらたけしの身辺の情報を入手していた。ところがAはたけしを裏切って専門学校生やその家族にまで今でいうストーカーまがいの取材をしたのである。それに対して、たけしは怒ったのだ。

フライデー事件後の会見が素晴らしかった

フライデー事件後、たけしさんは記者会見を行っていますが、この会見が史上最強の記者会見と言われています。
ビートたけしはその後8カ月の謹慎処分となり、マスコミから身を隠しその多くのときを石垣島で過ごしました。しかし、この石垣島での体験が北野ブルーと呼ばれる、北野映画の基調となる鮮烈なイメージを生み出すのだから、何が幸いするのか分からないものです。天才というものは逆境でさえも新たな創造の糧にするのかもしれません。

ネットでの反応

・たけし二世は現れないだろうな。この世は不景気だけど、たけしがいる世代に産まれて良かった。実は、乗り込んで行って手打ちにして、一緒に飲みに行こうと始めは思っていたらしいが、カメラ構えて挑発してきたから暴力になったみたい。なこと後日談で聞いたな。・天才なのに上がり方、落ち方に 人間的魅力を感じてしまうのはなぜだろう。もう出ないよね。こんな人。生きてるうちに何度でも言うよ。同じ時代に生まれて良かったと・・・・。・全ての質問に全くうろたえることもなく平然と即答出来てるのが凄い
[adsense]

あなたにオススメの記事

⇒ ビートたけしが母親の葬式で号泣…芸人で売れた途端に金を要求してきた本当の理由…