飛行機のトイレの仕組み…
空に放出されているわけではなかった…


飛行機で出た排泄物は空に放出されている?

飛行機で出た排泄物は空に放出されているなんて
一種の都市伝説だと思いがちですが
JALの航空豆知識によると
実は飛行機による海外旅行が始まった頃は
トイレの汚物をそのまま外に出し、
空中分解させていたそうです。

飛行機が飛んでいる高度から空中散布すれば
気圧の関係で霧状に粉砕されるのだそうです。

しかし、そんなことはもちろん
技術が発達した現在では考えられないことです。

飛行機のトイレの仕組み

旅客機に設置されているトイレの種類には
大きく分けて「循環式」と「バキューム式」の2つのタイプがあります。

やや旧型の循環式はそれぞれトイレの下に
汚物を溜めるタンクが付いていて
タンク内の水を消毒・浄化しながら循環させて便器を洗浄しています。

新型のバキューム式は機体の後部に汚物専用のタンクを備えていて
トイレから排出される汚物がパイプを通って
タンクに運ばれます。

飛行機には水を大量に積載できないので
少量の水で汚物を流せる秘密が気圧差です。

そもそも空気には気圧の高い方から低い方へ流れるという性質があります。
飛行機が飛んでいる高度約1万mの上空では
機内の気圧は機外の気圧よりも高くなっています。

そのため、映画などで見たことがあるかもしれませんが、
飛行中にドアを開けると中の空気が外へと流れ出てしまうのです。

この性質を利用したのが「真空吸引式便所」です。

実はトイレと排出物貯蔵タンクを結ぶパイプは機外と通じていて
トイレ使用後に流すボタンを押せば
機外へのバルブが開く仕組みになっているのです。

つまりボタンを押すとパイプの入り口(トイレ:高)と出口(機外:低)との間に
気圧差が生まれ、気圧の高いトイレから気圧の低い機外へと
一気に排出物が引き込まれていくということです。

「シュゴーッ」という音の正体は気圧差を活用したバキューム音なのです。

ちなみに貯蔵タンクはトイレと機外との間に位置していて
汚物をしっかりキャッチしてくれます。

しかし、空気の方は気圧差で流れていってしまうので
ウンチは飛行機内に留まりますが
臭い空気は外に出ていってしまいます。

さながら飛行機の放屁というわけです。

タンクに溜まった汚水(汚物)は別の場所にある地下タンクに移されます。

ということでトイレの汚物をそのまま外に出し、
空中分解させてはいませんのでご安心ください。

ネットでの反応

・ちいちゃいころからの謎がとけた

・霧状のうんこが空から降ってきてたんか

・だから高度が上がらないとトイレ使用できないんですね。為になりました。

・当時はそれを空気と一緒に吸い込んでたのかな

・戦闘機でうんこ爆弾落ちてきても嫌だな

あなたにオススメの記事

⇒ 上空1万mの雲の上で撮影された天使の6人家族…衝撃写真が話題に